【コロナウィルス】渡航制限緩和ー家族等の渡航制限解除ー

  • 投稿の最終変更日:2020-10-15
  • 投稿カテゴリー:未分類
【コロナウィルス】渡航制限緩和ー家族等の渡航制限解除ー

みなさんこんにちは。
先週政府より渡航制限緩和に関する声明が出されましたが、家族等の渡航について詳細が発表されましたので紹介します。

以下は先日発表された詳細の意訳になります(※正式な翻訳家を通した訳ではありませんのでご注意ください)。


誰が渡航制限解除の対象となるか?

あなた自身がカナダ市民または永住者と関係を持っている場合、あなたは

  • 少なくとも1年間排他的な交際関係で、交際期間中に(オンラインではなく)物理的に一緒に過ごしたことがある
  • 扶養されていない子供(大人の子供)
  • 孫(扶養されていない成人した子供の扶養されている子供)
  • 兄弟、半兄弟、または義理の兄弟
  • 祖父母

カナダ国民または永住者の配偶者または内縁関係のパートナーと関係がある場合は、

  • 扶養されていない子供(大人の子供)
  • 孫(扶養されていない成人した子供の扶養されている子供)
  • 兄弟、半兄弟、または義理の兄弟
  • 祖父母

カナダ国民または永住者との独占的な交際関係にある人と関係がある場合は、

  • 扶養されている子供
  • 扶養されていない子供(大人の子供)
  • 孫(扶養されていない成人した子供の扶養されている子供)

具体的にどのような手続きが必要なのか?

ステップ1:承認申請書と法定申告書に記入

こちらはカナダ市民またはカナダ永住権保持者が記入します

application for authorization and statutory declaration (IMM 0006) (PDF, 2.2 MB).

ステップ2:宣言に署名

カナダにいる家族/パートナーが1のフォーム(IMM 0006)に記入したら、その書類に署名します。署名をしたらそれをカナダにいる家族に送り返します。

ステップ3:カナダにいる家族が厳粛な宣言によってフォームに署名

カナダの家族にフォーム(IMM 0006)を返送したら、家族は厳粛な宣言でフォームに署名する必要があります。これは、宣誓委員、治安判事、弁護士、公証人など、厳粛な宣言を受け取ることを法的に許可されている職員の前で行われます。

ステップ4:記入して署名したフォームのコピーを入手する

カナダにいる家族が、署名したフォーム(IMM 0006)のコピーをあなた宛に送付しなければなりません。

ステップ5:書面による渡航承認をリクエストする

承認および法定宣言(IMM 0006)の記入済みの署名済み申請書のコピーを入手したら、それを家族との関係の証拠として使用し、書面による渡航承認を要求してください。米国(US)から旅行する場合でも、その他の国から旅行する場合でも、書面による承認が必要です。

書面による承認をどのように要求するかについては、有効な渡航文書(訪問者ビザまたはeTA)をすでに持っているかどうかによって異なります。

承認をリクエストする方法については以下のリンクをご覧ください。https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/coronavirus-covid19/visitors/immediate-family.html#authorization

書面による承認が得られるまで、カナダ行きのフライトを予約しないでください。

ステップ6:渡航時際は、承認申請書のコピーと法定申告書、および書面による承認書を持参する

カナダへ渡航する際には、承認と法定宣言の申請書のコピーと、書面による承認が必要です。これは必須事項であり、条件を満たさない場合、飛行機に搭乗したり、カナダに入国したりすることはできません。

フォームが厳粛な宣言によって署名されたら、6か月以内にカナダに渡航する必要があります。渡航までに6か月以上かかる場合は、新しい法定申告が必要になります。

カナダ行きのフライトに搭乗するには

  • 航空会社のすべての要件に従い、航空会社の職員が実施する健康診断に合格して、発熱、咳、呼吸困難などのCOVID-19の症状がないことを確認します。何かしらの症状がある場合にはカナダへの渡航は許されません。
  • 有効な渡航文書(必要に応じて訪問者ビザまたはeTA)とカナダへの入国に有効なパスポートを持っていることを確認してください
  • 旅行制限が免除されていることを航空会社に伝え、承認と法定宣言の記入済み申請書のコピー、および書面による承認を提示します
  • 求められた場合、あなたがカナダ市民またはカナダの永住者の大家族であることを示す追加の証拠を提供する準備をしてください
    ⇨たとえば、出生証明書や、共有住所を示す文書など、家族のつながりを示すその他の文書など
  • 次のいずれかの証拠を提供できる
    – カナダに15日以上滞在します。
    – あなたはEssential purpose(避けられない理由)のため渡航しています。

How to unite with extended family members who are Canadian citizens or permanent residents

To be considered an extended family member of a Canadian citizen or permanent resident, it depends on who you’re related to and how.

If your relationship is with a Canadian citizen or permanent resident, you must be

  • in an exclusive dating relationship, have been in the relationship for at least 1 year and have spent time in the physical presence of that person at some point during the relationship
  • a non-dependent child (adult child)
  • a grandchild (dependent child of a non-dependent adult child)
  • a sibling, half-sibling or step-sibling
  • a grandparent

If you’re related to the spouse or common-law partner of a Canadian citizen or permanent resident, you must be a

  • non-dependent child (adult child)
  • grandchild (dependent child of a non-dependent adult child)
  • sibling, half-sibling or step-sibling
  • grandparent

If you’re related to someone in an exclusive dating relationship with a Canadian citizen or permanent resident, you must be a

  • dependent child
  • non-dependent child (adult child)
  • grandchild (dependent child of a non-dependent adult child)

What to do to unite with your extended family member

Step 1: Your family member fills out the application for authorization and statutory declaration form

Your family member who is the Canadian citizen or permanent resident must fill out the application for authorization and statutory declaration (IMM 0006) (PDF, 2.2 MB).

Step 2: You sign the declaration

Your family member in Canada sends you the filled out application for authorization and statutory declaration (IMM 0006) (PDF, 2.2 MB) for you to sign. After you sign the form, you send it back to your family member in Canada.

Step 3: Your family member signs the form by solemn declaration

Once you’ve sent the form back to your family member in Canada, they must sign the form by solemn declaration. This is done in front of any official who is legally authorized to receive a solemn declaration, such as a commissioner for oaths, justice of the peace, lawyer or notary public.

Step 4: Get a copy of the completed and signed form

Your family member in Canada must send you a copy of the completed and signed application for authorization and statutory declaration (IMM 0006) (PDF, 2.2 MB).

Step 5: Request written authorization to travel

Once you have a copy of the completed and signed application for authorization and statutory declaration (IMM 0006) (PDF, 2.2 MB), use it as evidence of your relationship with your family member and request a written authorization from us. You need written authorization from us whether you’re travelling from the United States (US) or any other country.

How you request a written authorization depends on whether or not you already have a valid travel document (visitor visa or eTA).

Find out how to request authorization.

You should not book a flight to Canada until you get your written authorization from us.

Step 6: Bring the copy of the application for authorization and statutory declaration as well as the written authorization with you when you travel.

You must have a copy of the application for authorization and statutory declaration as well as the written authorization with you when you travel. This is mandatory. If not, you won’t be allowed to board your flight or enter Canada.

Once the form is signed by solemn declaration, you have 6 months to travel to Canada. If it’s longer than 6 months before you’ll be travelling, you’ll need a new statutory declaration.

To board your flight to Canada

You must

  • follow all airline requirements and pass a health check conducted by airline officials to confirm that you don’t have symptoms of COVID-19, including a fever, a cough and difficulty breathing
    • Anyone showing symptoms will not be allowed to board a flight to Canada.
  • make sure you have a valid travel document (visitor visa or eTA, if required) and a passport that is valid to come to Canada
  • tell the airline that you’re exempt from the travel restrictions and present a copy of the completed application for authorization and statutory declaration as well as the written authorization
  • be prepared to provide additional proof to show that you’re an extended family member of a Canadian citizen or Canadian permanent resident if asked
    • for example, a birth certificate or other documents that show a family connection, such as documents that show a shared address
  • be able to provide evidence of one of the following:
    • You’ll stay in Canada for 15 days or more.
    • You’re travelling for an essentialFootnote1 (non-discretionary) purpose.

以上が昨日発表された内容となります。
この通り、渡航制限解除の対象は広がっていますが、渡航までに必要な書面手続が必要で、さらに15日以上の滞在または渡航がEssential purposeである証明が必要があるなどまだまだハードルは高くなっています。

弊社ではこちらの書類提出のサポートも可能ですので、気になる方はお気軽にご連絡ください。📩

MK VISA consulting
カナダ政府公認移民コンサルタント

オフィス
1005-409 Granville St, Vancouver, BC

WEBサイト
http://mkvisaconsulting.com

メール
mkvisaconsulting@gmail.com